list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 貼るだけパッチ

先週の日曜日のパンクで
予備のチューブを使用した為
近くのショップでチューブを買う事にしました。
(仕事中ですが・・・何か?)


ビットリアのチューブをチョイス。
バルブ長51ミリにしました。
どうしてこのチューブのバルブにはねじ切りが無いのだろう?
リム穴にバルブを通すだけ。
ナットで締めないのだ。
理由をご存知の方、是非教えてください。

20080531-1.jpg

↑右がビットリア  左はボントレガー(ナットで締める)


あっそうそう。パンク修理キットも買っとかなきゃ。

パンクした時いつも思うのですが、
走行中にパンクして予備のチューブを使用してしまうと
2度目のパンクに対応できない。
やっぱりパンク修理キットも携行した方がいいなぁ~と。

ということで、パンク修理キットを探していると

なんだこりゃ?

ゴム糊不要?

貼るだけ?


知らなかった。今どきのパッチはゴム糊がいらないんだ。
これはいいですよね。
紙やすりと、このパッチだけ持ってりゃいいんだし。

ゴム糊ってやつは大抵、
一度使うと、次ぎ使う時は揮発してしまって
スカスカになっているか、カチカチになっているかなんですよねぇ~。
なので、携帯用にはゴム糊不要はありがたいです。

でも、お店の人に確認すると、
「耐久性はゴム糊使用のものより劣る」との事
あくまで緊急用と考えた方が良いそうです。

20080531-2.jpg

↑左:普通のパッチ
 中)ビットリアのチューブ
 右)ゴム糊不要パッチセット
   

新しいチューブとパッチセットをサドルバッグに入れて完了。
これで安心して走れま~す。

スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/31 06:26】 自転車 | track back(0) | comment(2) |

list カマロのバイナルトップ化

いつもコンピュータ関係でお世話になっている友人に、
日ごろの感謝の意を表そうと
ミニチュアカーをプレゼントすることにしました。

友人は、1973年式のシボレー・カマロで通勤するほどのアメ車好き。
この車のダイキャストカーを贈ったらきっと喜ぶだろう。

20080530-a.jpg

↑友人の愛車「1973 CHEVROLET CAMARO SC」

インターネットで探したのですが、
なかなかジャストなのが無い。

1967年の第1世代カマロ(通称ベビカマ)は結構あるのですが、
友人の所有しているのは第2世代カマロ(通称サメカマ)。
しかも、バンパーがスプリットじゃないワンピースタイプ。
ヘッドライトも左右に2つのみ。
そして高級車の代名詞バイナルトップ(トップにレザーが張られている)。

ミニカー専門店やアメ車専門店で探してもらったのですが、
「レースカータイプならあるが、ノーマルタイプは無い」とのお返事。
アメリカでも探してもらったのですが、答えは同じでした。

ある日オークションで
ERTL (アーテル)と言うメーカーの1/18モデルのカマロ
(1本バンパー2つライト仕様だが
 ボンネットにエアスクープがあるレースカータイプ)が
売りに出ていたので、落札しました。

20080530-1.jpg

これを改造するっきゃないな!

昔、よくプラモデルを作っていたので
そこそこ自信はありました。

20080530-2.jpg 20080530-3.jpg

↑左)ボンネットを外したところ
 右)ばらばらにしました。

20080530-b.jpg

↑改造の一番のポイントであるボンネットのノーマル化
 CD-Rのスピンドルケースの底部分を切って(左の黒い円状のモノ)
 エアスクープを切り取ったボンネットの穴にぴったりはめ込む

20080530-5.jpg

↑パテを埋め込み、紙やすりで滑らかにする
 本物の車の修理のようだ。

20080530-6.jpg 20080530-7.jpg

↑塗装中。 細かいものはテグスで吊るして。

20080530-9.jpg

↑バイナルトップ用フェイクレザーを貼る。
 ミニカー用だが、これがとってもリアル。
 宇治のアメ車ミニカー&プラモ専門店『FLEETWOOD』さんで購入。
 この店は凄いです。
 何が凄いって、その品数。
 倉庫のような所にミニカーやプラモが山積みでした。
 大人だから許されますが、
 子供だったら、お母ちゃんに捨てられます(笑)

20080530-8.jpg 

↑完成。
 塗装がDIY用の缶スプレーだったので
 あまり綺麗じゃないのが残念ですが、まずまずの出来です。


後日友人に渡しました。
喜んでもらえました。

ボクもウレシイ。



↑友人のコレクションに加えてもらいました。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/30 05:44】 その他 | track back(0) | comment(2) |

list ペーター佐藤とCampagnolo

今から20年以上前。
広告が元気で、活気のあった時代。
パルコの広告なんかが雑誌などでよく取り上げられていた。
山口はるみやペーター佐藤のイラストを街でよく見かけた。
エアブラシやパステルで描かれた
色鮮やかな女性画はまさに時代の象徴だった。

ペーター佐藤と言えばミスタードーナッツの
子供たちのイラストが印象深いのですが、
当時、彼のイラストで
サイクリストをテーマにした絵がありました。

3点くらいでしたが
いずれもサイクリングキャップを被った青年の顔のアップ。
澄んだ目がとっても素敵な絵でした。

その中の一枚にCampagnoloの地球マークのロゴが入ったキャップを
被っている絵があったのを、最近ふと思い出しました。

急にその絵が欲しくなり(といっても原画等は到底手に入らない)
ペーター佐藤のギャラリーで確認したのですが、
その絵は、ポスター・ポストカードなどのグッズには展開していないらしく
入手不可能でした。が、その絵が載っている本を紹介していただきました。

「パステルワーク」という本でした。

早速インターネットで購入。
30cm角くらいの大きめの本で、
中のイラストも大きく迫力がありました。

パラパラ見てみると、
当時あんなにカッコイイと思っていた女性の絵が
なんとも、古~い。
ファッションが超~古い。ちょっとショック。
でも、肝心のサイクリストの絵は
今でもボクの心をときめかせてくれました。

20080528-2.jpg 20080528-3.jpg

昔、握手をしていただきました。
とっても優しい目をされていました。
ペーターさんに肖像画を描いて欲しかったなぁ~。

セツ・モードセミナーの生徒だった頃のペーターさんを
長沢節さんはこのように語っていました。
「全身像はたいした作品じゃないが、
 顔のアップを描かしたら右に出る者はいなかった」
ペーターさんの絵って、昔で言う浮世絵の大首なんですねぇ。

20080528-4.jpg

額に入れて飾っています。
カッコイイでしょ。


ところで、
昨日のお昼に仕事仲間がピッツァを食べてました。
あまりに美味しそうだったので、
写真撮っちゃいました。
お店に取りに行くと半額になる日だったようです。

20080528-1.jpg

でも、カロリー高そ~う。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/29 06:18】 自転車 | track back(0) | comment(2) |

list なぜ DE ROSA?

今日はボクが、
数あるフレームメーカーの中から、
なぜDE ROSAを選んだのか?をお話します。

1)自転車は、やはりイタリアが一番熱い。
2)職人の匠を感じる。
3)何といってもロゴマークの可愛さ。
4)品質の良さ。

と、こんな感じです。

1)イタリアのスポーツといえばサッカーですが、
  自転車競技もサッカーと同じくらい人気があるんですよ。
  CICLISMO(チクリスモ:伊語)って言います。
  サイクルロードレースといえば、
  ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリアが有名ですが、
  ボクは昔からなぜかイタリアが好きでした。
  
  自転車を初めて組んだ高校生の頃、憧れていたのがCampagnoloです。
  特に縦型のリアディレーラが大好きで、
  その装飾の芸術性の高さにうっとりしていました。
  いまでも地球マーク(カンパニョーロの旧ロゴマーク)が大好き。
  Campagnoloがボクのイタリア好きの始まりなんじゃないかと思います。

2)イタリアのフレームメーカーの老舗といえば
  コルナゴ、ピナレロ、チネリ、 
  そして『デ・ローザ』じゃないかと思ってます。
  あくまで個人的見解なので・・・NCでよろしく。
  実はボクは高校の頃一番好きだったのはコルナゴでした。
  フレームのカラーリングの美しさに加え、
  ラグ(注1)の優美な曲線が大好きでした。
  特にメッキラグには、参った!って感じです。
  しかし、コルナゴも時代の波には勝てず、量産化が進み
  廉価なフレームはアジアで生産されるようになりました。
  あくまで、イタリアメイドにこだわった『デ・ローザ』に
  アルチザン(職人技)の息吹を感じるのはボクだけじゃ無いと思います。
  (注1)ラグ:フレームをパイプから作る時に
         接合部分に使用するジョイント金具

3)やっぱりハートマークが超~かわいいですよね。
  コルナゴのクローバーも好きだけど・・・。
  昔の自転車にはハート型やクローバー型など
  非常に可愛い肉抜き(注2)が施してあったなぁ。
  (注2)肉抜き:晩ご飯のおかずから肉を抜かれる事。
      じゃなく、軽量化のために各部に穴を開けること
      ラグやチェーンリング、ブレーキレバーなどに
      よく肉抜きが施されていた。

4)アルミの溶接部分の凸凹を削り取りスムースに仕上げたフレームは
  『デ・ローザ』ならではの特徴です。
  最上級の材料を使用し、細部にまでこだわったフレームは
  50年以上走りを追求してきたウーゴ・デ・ローザ翁の魂そのもの。
  エディー・メルクスを始め、数々の名レーサーと共に歩んできた
  『デ・ローザ』ならではの技術が魅力です。

  が、ボクにはその違いが余り分からない・・・お恥ずかしいかぎり。
  ブタに真珠。ブタにデ・ローザ。

確かに、高額なフレームですが、
乗るほどに愛着が沸いてくる。
使い捨てが多い昨今。
愛着をもって接する事ができる
至高の一台です。



ところで、26日の記事中で、
友人がビンディングを外す順番について
「右から」と記載しましたが、
「左から外すべきだ」とのご意見を頂戴しました。
自転車の右側を自動車が通る状況の日本では
左に傾いた方が安全だそうです。
どちらが正しいのだろう?

因みにボクは「左から」上死点あたりで外しています。
が、右に傾いたら一巻の終わりです。

皆さんは右派?左派?って何の話だ?
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/28 08:53】 自転車 | track back(0) | comment(3) |

list そば屋の「いま出ました」か!

ボクは、某ネットワークサービス会社が提供する
光電話を使用しています。
(しかし、番号を所持しているだけでほとんど使ってませんでした)
最近、1回線で2番号使用できるサービスが始まったので
ISDNの2つの電話番号を、そのまま光電話に
番号ポータビリティで移動することにしました。

インターネットで申し込むと書類が届きました。
必要事項を記入し捺印。そして返信しました。

2番号の登録証と、
2番号用の新しいアダプタ(モジュラージャックが2つある)が届く。
NTTに工事依頼。(工事といってもNTT局側でスイッチの切り替えをするだけ?)
開通確認。で、完了。

だったのですが、

先週24日(土)に届いたのは登録証のみ。

その日に某ネットワークサービス会社に確認のTEL。

ボク  「アダプタが届かないのですが・・・」
担当女性「確認しましたところ発送はもう済んでいますので、
     今暫くお待ちください」

月曜には届くかな?と、思ったのですが
届いたのは27日(火)でした。

箱を開けるとアダプターと一緒に
またもや「登録証」が入っていました。

なんと、その登録証の日付は26日(月)!!! ????

24日(土)に「発送済み」と言ったはずの梱包の中に
なぜ26日(月)記入の書類が入っているのか???


発送は26日(月)にしたんじゃん・・・・。

うそはやめようよ!
某ネットワークサービス会社さん。
しかも、この登録証は電話番号1つしかポータビリティしてないし。


唐沢寿明さん「その行為は、ま・ち・が・い・です!!」よっ!!!


その後、アダプタを切り替えて、無事インターネットは開通。
来月5日に電話の切り替え工事となりました。


本日の走行距離0km〈平均血圧:高い!(笑)〉

この光インターネットサービス、普段は非常に快適なんですよ。
安いし。ゆくゆくは光TVも考えてま~す。(おすすめです)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/27 16:56】 その他 | track back(0) | comment(0) |

list 初ビンディング。& キャメロン・マイヤーおめでとう!

昨日は友人が大阪のトライアスロンショップで
ビンディングペダルを装着するというので
同行させていただき見学してきました。

10時15分、枚方大橋で待ち合わせ。
雨が心配だったのですが、ボクも友人もかなりの「晴れ男」なのか
赤川鉄橋あたりで少し霧雨が降りましたが、
何とか濡れずにお店に到着。

20080525-1.jpg 20080525-2.jpg 

↑左/霧雨の赤川鉄橋
 なんと風情のある鉄橋だ! が、人が通るところは木橋なのだ!
 自転車で走るとゴトゴトと板の音がする。
 探偵ナイトスクープで何枚あるか数えてもらおう!
↑右/アスリート・カンパニーさん
 店長の川口さんはとってもイイ体つきでした。
 トライアスリートって感じ。

友人は早速シューズを試し履き。
ナイキのトライアスロン用シューズだ。
底はカーボン製でとても軽く、
甲面はメッシュで速乾性に優れていそう。
SWIMの後のBIKEだしね。
2本の大きなベルクロのみの固定で
素早いトランジッションが期待できる。
ペダルはSHIMANO SPD-SL ULTEGRA
ナイスチョイス。

20080525-3.jpg

↑ナイキはデザインがカッコイイ。

8月のレースに備え(当然友人が出場する)、
エアロポジションバーも付けることになった。
チームで走るロードレースと違いトライアスロンは一人で走るので
風の抵抗を減らすのはタイムを大きく縮めることに直結するそうだ。
慣れることを考えると早く付けた方がいいとの事で早速装着。

20080525-4.jpg

↑バーはカーボン製。
 角度や長さなど細かいセッティングができる。

完成したので、まずはビンディングの練習。
エアロバーの使用感も確かめながら
お店の前を行ったり来たり・・・。
ボクも始めは超~緊張したのを思い出します。

何となく慣れてきたので、帰ることにしました。

お店を出た直後に、お決まりのアクシデント。
(最近なかったのに・・・)
パンクです。

前を走っていた友人を
「ごめ~ん。パンクで~す」と呼び止めました。
友人はUターンし、ボクのバイクの横まできて
ビンディングを外した。
練習どおり、右側のビンディングを外した。
が、
バイクは無情にも左に傾いていた。

ガシャン。

初ビンディング 「即」 初コケ。
マージャンならイーハンつきます。

「やっちゃいましたねぇ。
 まっ、立ちコケは洗礼みたいなもんですから・・・。」

道端にバイクを止め、チューブ交換。
F1ピット作業なみの早さ(笑)で無事交換終了。

20080525-5.jpg

↑工事現場の前でチューブ交換中のボク。(撮影:友人)

帰りの自転車道は、晴れ間も見える天気となり、
友人も快適にビンディングペダルを回していました。

そして枚方大橋で別れました。

「こけないように!」

帰りの御幸橋でANCHORを駆ける人に抜かされました。
ボクはここまで、かなりゆったり走っていたので
少し自分を虐めようと思い、この人についていきました。

おおぅ!何と速いお人だこと!

結局、久世橋あたりまでスピードメーターはずっと
33~37km/hを指していました。

お陰様で練習になりました。
THANK YOU ANCHORの人
後ろにピッタリついてゴメンナサイ。

水たまりをバシャバシャ走ったので泥だらけ。
家に着いたら早速洗浄。
チェーンがキコキコ言ってたのでオイル注しました。

20080525-6.jpg 20080525-7.jpg

右:洗浄前の泥だらけ  左:ピッカピカ!
 (折角画像UPしたけどほとんど分からない・・・トホホ)


ところでTOJの総合優勝は
キャメロン・マイヤー(サウスオーストラリアドットコム・AIS)でしたが、
あれ? この人? ゼッケン53?
あっ! 5/24日のブログ「やっぱアナログでしょ。」の
イヤホンの話で紹介した画像の人だ!

20080524-1.jpg

ビックリ!
この時は、この人がそんな凄い人とは全く知りませんでした(笑)

それにしても、TOJ広報ニュース(www.cyclestyle.net/toj/)!
各ステージのニュース配信遅すぎないか?
TOJサイトのトップバナー張るくらいなら、「真剣にやれ!!!」


本日の走行距離85.35km〈平均時速21.1km/h〉

↑この平均速度に対して 「真剣に走れ!!!」 といった
 クレームは受け付けません(笑)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/26 08:24】 自転車 | track back(0) | comment(2) |

list 雨が降る前に。

昨日は雨が降る前にTEAMで少し走ってきました。

まずは嵐山めざして。
曇り空だったのでジャージの下に上下サポートギアを着ました。
いざ走り出すと少し暑い。
何となくアベ(友人の名前じゃなくAverage)を
意識していたので少しハイペース。
20分弱で嵐山到着。
約9kmを19分で到着。20分切ったの初めてだ!
おととい10kmほど歩いたので足がかなり張ってきた。

少し休んで折り返し。

いきなりスローペース。
ちょっと南下して例の事件があったところに立ち寄りました。
血痕らしきものやチョークの跡があり、いかにも事件現場って感じ。
犯人はどこで何をしているのやら・・・。

その後自転車屋さんに立ち寄って
メンテナンスの相談。
少し早いがオーバーホールした方がいいって事になりました。
雨の日や水たまりの走行も結構あったし・・・。
少し異音もしてきたし・・・。

TEAMは約1週間のリフレッシュ休暇です。

来週にでも持っていこうっと。


本日の走行距離25.18km〈平均時速22.5km/h〉

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/25 06:34】 自転車 | track back(0) | comment(2) |

list やっぱアナログでしょ。

この間、TOJ(ツアー・オブ・ジャパン)を見に行った時の事です。

スタート前の選手が
ジャージの鎖骨辺りの生地をつまんで
口元に寄せて話していた。
あっ、マイクが付いてるんだ。
よく見ると、イヤホンも付けている。
貼り込み中の刑事のよう。



レース中にチームの仲間と連絡を取り合うために
装着するらしいです。

「昨日の焼き鳥、旨かったなぁ~」
「おおぅ、今度いつ行く?」

なんて話をしている。のではなく、
刻々と変わるレース展開に俊敏に対応し
お互いのポジションや作戦を連絡していくそうです。

デジタル化の波がここにもやって来ているのか・・・。
(デジタルはちょっと違うか・・・)

そういえば、Campagnoloはすでに
電動式リアディレーラーの開発をしている・・・らしい。
ジロやツールでもすでに実戦使用されている・・・らしい。
確かにワイヤーで作動させるよりスムースな気はするけど
ボク的にはあまり好ましくない。
自転車はあくまで人力で勝負したい。
とことんアナログ勝負!

こんな感覚はすでに「昭和な人」なんでしょうか?



そう言えば、この間、某パソコン量販店で
凄い光景を目にした。

60歳くらいのおばはん3人組が、
(どこにでもいる普通の・・・、もしくはやや普通以下の・・・
 コッテコテの関西弁を使う上品とは逆の・・・
 そして一人はヒョウ柄のスパッツを履いている・・・
 ヒョウがなぜか扁平している・・・)
USBフラッシュメモリのコーナーの前でこんな会話を繰り広げていた。

「いや~。これすごいやんか。1GBで1280円やて。」
「安~。ハギワラシスコム言うたらメモリではよう聞くし、ええんちゃうの」
「あんたのVAIOはUSB2.0やし早いでぇ~」
「買(こ)うとき、買(こ)うときよし!」

その会話は、まるでジャスコの納豆売り場の前でなされている

「いや~。これ今日は安いわ。おかめ納豆3つ98円やて」
「テレビでダイエットにええ言うてたでぇ~」
「あんたとこのダンナはメタボやし、晩ご飯これにし」
「買(こ)うとき、買(こ)うときよし!」

と、まるで同じトーンなのだが、
会話のレベルがまるで違う。
このおばはん達、何者なのか・・・。

持っていたお店のカゴには
DVD-Rのスピンドルケース入り(100枚入り!!!)が2個入っていた。

恐るべし、デジタル化の波。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/24 06:57】 自転車 | track back(0) | comment(2) |

list エリートの謎

ボクはELITE(エリート)のボトルケージを使用しています。
パタオ66アルミです。
66とはボトルの直径が66ミリタイプのものです。
これはエリート社独自の小径サイズです。
なぜ66を付けているのかというと、
ロードバイクに乗り出した頃、
自転車屋さんにたまたまあったのが66だったから。(単純)
なのでTEAMには66を付けました。

手の小さいボクには握りやすくていいのですが、
容量が小さいので真夏は途中で補給が必要です。

その後AVANT AZZURRIを購入したのですが、
それにもパタオ66(ブラック)が付いていました。

20080523-1.jpg

同じ66ミリなので、ボトルが共有できて便利だと思ったのですが・・・

あら、不思議。 サイズが違う。

TEAMに付けているボトル(チンチオボトルっていうらしい)を
AZZURRIに付けると、グラグラ。

AZZULLIに付けているボトル(ハイドラボトルというらしい)を
TEAMに付けると、かなりキュウクツ。

最初に言いましたが、66サイズはエリート社の
オリジナルなので他社は製造していません。
なのにサイズが違う。
さすが イタリア製!って感じ。

因みに66サイズのケージは、
市販のペットボトル(500cc)をそのまま入れる時に便利です。

最近は66サイズのボトルはあまり見かけなくなり、
いいボトルがあっても、大抵74ミリなのが残念です。

20080523-2.jpg

↑本棚のボトル達/左から
 ●2002シクロクロス世界選手権(ベルギー)の記念ボトル
  (辻善光選手が出場した時の、とっても貴重なモノです)
 ●コラテックのボトル
 ●ツールド沖縄の記念ボトル
 上記3点は辻選手のお父様から頂きました。
 ●Valsir(バルロワールド・バルジールチーム)


ところで・・・

今日は叔父のお葬式です。
枚方の葬儀場なのですが、これが淀川自転車道のすぐ近く。
何で行こうか迷っていると(普通は電車か車でしょ)
「自転車で行ったらどうっすかぁ?」っと従業員。
喪服でバイクに乗るのか?
それともジャージ着て葬儀場で着替えるのか?
サイクリングジャージで葬儀場に入っていけるほど
ボクは男らしくない。
と言うより非常識じゃないです~。
でも、その状況が非常識じゃないくらい
サイクリングジャージに市民権が得られる時代が来たら凄いなぁ・・・

この間ジャージ着てユニクロ行きました。
少し恥ずかしかった。(少しっていうところがすでに狂っている)

葬儀へは当然、電車で行きますよ。ガソリン高いし・・・。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/23 08:19】 自転車 | track back(0) | comment(0) |

list 強盗・殺人未遂事件

21日(水)午前8時45分頃、
ボクがよく走る桂川自転車道で、
女性がナイフで襲われ現金を奪われる事件が発生した。
自転車で走行中の女性は脇腹など数ヶ所刺され
重傷を負ったが命に別状は無いとの事。

毎週走っている道です。
実は昨日も走ろうかと思っていた。
もし走っていたらジャストタイミングになっていたところです。
軟弱ローディーでよかった。
(事件に遭遇したら女性を助けられただろ!
 って思う人もおられるでしょうが、
 多分、サザエさんのマスオさんよろしく、
 その場でヘナヘナってなったでしょうね)

気持ちいい自転車道がこんな事でニュースになるのは悲しい。
犯人が一日も早く逮捕されますように。

犯人の背格好や年がボクに似ているので
自転車道ウロウロすると職務質問されそうですょ・・・。


ところで、昨日はボクのブログへの訪問者数が非常に多かった。
普段は15~30名くらいの方々が訪問してくださっているのですが、
昨日はなんと! 112名様ご訪問!
どうしたんだろう?
もしかして、上記の事件で桂川自転車道がらみの検索がヒットしたのか・・・?
もしかして。警察も調べてたりして。
「金が欲しい」とか「とことん逃げてやるぜ」とか「へへへっ」とか書いてたら
怪しまれるぞ! んなわけないか・・・。
何はともあれ沢山の方に訪問していただくのはとってもうれしい。
できるだけ楽しい記事を書いていきたいと思います。

でっ、書いたのが以下の記事。

今日は朝から車を洗いました。
平日の朝っぱらから洗車している物好きはさすがにいないです。
皆さんスーツ姿で怪訝な目つきでボクを見て駅へ向かっていかれます。
これが自営業の気楽さだ!
が、ここのところ暇すぎる!
クライアントさ~ん。お仕事くださ~い。
これが自営業の不安定さだ!
この不安定な綱渡り。上海雑技団も真っ青だ!

決して楽しくなかった・・・・・。

20080522-1.jpg

↑写真は昨年の夏。木津川「流れ橋」にて。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/22 08:56】 その他 | track back(0) | comment(1) |

list 残念な事故

TOJ美濃ステージでスタッフを巻き込む事故がありました。
ゴール後の80m付近で、某選手のヘルメットが女性スタッフの頭と接触し
そのまま転倒し、頭を強打されたようです。
女性スタッフは意識不明の重体。

この新聞記事を読んでボクは思いました。
この事故は決して起こるべくして起こった事故ではないと。

ゴール直前とゴール直後は
自転車が最もスピードがでて、
且つ、集団での団子状態で通過します。
ゴール瞬間をとらえようと撮影の人たちも身を乗り出します。
非常に危険な状態になることは予測できるので
大会関係者も警備に力をいれます。
恐らく万全を期していたと思います。

しかし、事故は起こってしまった。

最近、自転車レースの人気が上昇し、
マスメディアも以前より取り上げる機会が増えて来たところなのに
非常に残念なニュースです。

女性スタッフの一日も早い回復をお祈りいたします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/21 09:09】 自転車 | track back(0) | comment(0) |

list TOJ奈良ステージ(ミーハー的見学報告)

昨日、仕事を休んでツアー・オブ・ジャパン奈良ステージを見に行きました。
ステージレースって初めて見ました。
大仏殿近くに来るとアップ中の選手達が走っていました。カッコイイ。
会場近くには審判の車やサポートカーがありました。

20080519-1.jpg

↑全てスバルレガシーなんですね。これまたカッコイイ。



↑これはマトリックスパワータグチームのサポートカーです。
 手前にあるのがエース三船選手のバイクです。
 マトリックスはSHIMANOのコンポを使用していますが
 三船選手だけはカンパを付けています。
 全てレコードなのかと思いきや、
 クランクはケンタウロ(アルミクランクがお好きだそうです)
 ディレーラもコーラスだ。

20080519-3.jpg

↑左はツール・ド・フランスでも活躍した
 バルセロナオリンピック銀メダリスト レオン・ファンボン。
 右は梅丹本舗・GDRの福島選手?かなぁ?
 この人とってもいい人です。
 見に来ていた障害児たちに、
 ちっちゃなハーモニカで演奏してあげていました。
 いかついお顔なのに、超~優しい目と超~可愛いお声でした。

20080519-4.jpg

↑スタート前の選手達。とっても和やか。
 色とりどりのジャージが綺麗です。
 バイクも超~カッコイイ。(速そうだけど、高そ~う)

20080519-5.jpg

↑先頭のグリーン色ジャージ(各ステージトップ選手に与えられる)を
 着ているが、堺ステージトップのザッカリ・デンプスター
 手前のブルージャージはAISANの西谷選手かなぁ・・・?

20080519-6.jpg

↑さぁスタートです。
 と言ってもパレード走行なのでゆっくりです。

この後レース会場である布目ダム(25km先)へ行きます。
ボクもシャトルバスでいこうと思っていたのですが
天気が崩れそうだったのでやめました。応援できなくてスミマセン。

20080519-7.jpg

↑奈良といえばやっぱりシカですね。
 お店の鹿せんべいが目の前にあるのですが、決して盗み食いしません。
 ここに商売のルールが成り立っているのだ。共存共栄。
 因みに、このシカは天然記念物だそうなのですが、
 公設の看板には「野生の鹿」って書いてあった。
 商売に協力する世界でも珍しい野生の鹿なのだ! 世界遺産万歳!

ボクが、「19日はTOJ見に行くので仕事できません」と言うと
「楽しんできてください」と言って
スケジュール調整してくださったクライアントの皆様、ありがとうございます。
もしボクが「ツール・ド・フランス見に行くので仕事できません」と言ったら
「楽しんできてください」と言って
それっきり仕事は来ないと思います(爆)


昨日は電車で出かけたので、バイクは壊れなかったのですが、
デジカメのディスプレイが壊れました。
撮影している時も非常に暗く、どこを写しているのか全く見えない。
修理に出すと最低1~1.5万円くらいかかると言われました。
こら! 門真の電気屋! 
2年くらいで壊れるもん作ってたら幸之助が草場の陰で泣くぞ!
ってその前に、ボクの財布が泣いている。

本日の走行距離約110km〈平均時速約80km/h〉←近鉄電車です(笑)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/20 09:27】 自転車 | track back(0) | comment(2) |

list 辻貴光選手

以前、ボクがチエンをロー側に落として困っていた時に
Manmaさんに助けていただいた話をしました。
そのManmaさんのご紹介で
辻選手のお父様がこの秋オープンされるサイクルライフショップの
ロゴマークを作成させていただいたのがご縁です。

お店のロゴ作成って結構プレッシャーがかかるのですが
割といいアイデアが浮かんで、数案面白いご提案ができました。
連日の家族会議でかなり悩んでおられましたが
最終的には皆さんに気に入っていただけるロゴができて
ボクもすごく嬉しかったです。

「cycle life shop HAKUSEI」と言うお店なんですが
場所は木津川市ですので、木津川CRからも近いと思います。
今秋オープンですので、ブログ読者の皆様、是非ご贔屓に。
詳しい開店日が分かりましたら、あらためてご報告いたします。

そのロゴ作成のお礼にと、貴光選手のジャージを頂きました。
メモリーコープ と スキル・シマノ の時のジャージです。
カッコよかったので事務所の天井にディスプレイしました。

20080518-4.jpg 20080518-5.jpg

どうです。いいでしょ!

辻兄弟!早く元気になって大活躍!期待してま~す。

明日はTOJ奈良ステージを見に行くつもりです。
でもお天気悪そう~。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/18 23:22】 自転車 | track back(0) | comment(1) |

list 出会いの木津川自転車道

「元気ですか~」(←アントキノ猪木風)
誰に言ってるんだか・・・

昨日は、久しぶりに友人と「サイクリングゥ~」(←エド・はるみ風)
天気が良くって、「超~気持ちいい!」(←北島康介風)

待ち合わせは、サイクリストの「梅田ビッグマン前」御幸橋。
木津川CR(正確には京都八幡木津自転車道)の終点、
泉大橋めざして出発。

まずはおなじみ「流れ橋」
探偵ナイトスクープ放映以来、板の数を数えている人を時々見かけます。
もしかして、板を数えていたら水着の女の子が来るとでも思っているのか??
そんなわけないか。「1・2・さぁん~!」(←世界のナベアツ風)

世間話をしながら「ポタリングゥ~」(←エド・はるみ風)

泉大橋手前でおにぎりを食べました。
「ぼっ、ぼくは、おっおにぎりが大好きなんだなっ」(←裸の大将風)

折り返して少し走っていると
マトリックスのジャージを来た人が見えました。
誰だろうと見ながら走っていると
「Frank*さん!」と声を掛けられました。
なんと! 辻貴光選手だ!
お仲間とホイールを交換して試走されていたようです。

辻選手とはManmaさんを通じて知りあいました。
マトリックスパワータグっていうプロチームの選手です。
今日から始まる、TOJ(ツアーオブジャパン)にも
ご兄弟(弟善光さんも同チームの選手です)で出場される予定だったのですが
マレーシアでのレースの落車で大怪我をされ現在回復調整中のようです。
早く良くなって活躍して欲しいです。

20080518-1.jpg

↑みんなで記念撮影。(カメラマン:友人)

それにしてもなんたる偶然。
木津川CRはホントに人とよく出会う。
恐るべし木津川CR!
 

そして再び走り出しました。
走っているところを撮影しよう!ってことになり、
撮ってもらったのがこの写真です。

20080518-2.jpg 20080518-3.jpg

綺麗に撮れてる。うれしい!
しかしみっともない尻だぁ。
ボクの後ろ走ってる人スミマセ~ン。
「俺の背後を走るな」(←デューク東郷〈ゴルゴ13〉風)

そして再び御幸橋到着。

今日も楽しかったよ~。


本日の走行距離78.10km〈平均時速22.1km/h〉

アベが遅いのは、
大半が友人と二人で話ながら走っていたので・・・
それは言い訳や!って言われそうですが
「そんなこと関係ねえ!」(←ハイ。そうです。小島よしお風)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/18 06:23】 自転車 | track back(0) | comment(5) |

list 思い起こせば・・・(9)SIACON

今日はボクが使っているサドルバッグを紹介します。
メーカーはSIACON(イタリア製)
ビッグキャッチャー(4,620円〈税込〉 819cc~1022cc)
ローラーシステム(SCICONオリジナル)といって、
90度ひねるだけでワンタッチ脱着できる便利なシステムのバッグです。
ファスナーで容量が変えられるのも便利です。
見た目はそんなに「増えた感」は無いのですが
いざ、中にモノを入れると結構入るようになります。
何よりもイタリア製っていうのがイイ。
自転車はストイックなスポーツといいますが、
ボクは物欲の塊かも・・・
(走る時はストイックです)

前回の記事で
一つのサドルバッグをTEAMとAZZURRIに付け替えて使っていて
犯した失敗談をお話をしましたが、
毎回サドルバッグを付け替えるのが面倒になってきたボクは
もう一つ買うことにしました。
最初のバッグを買ったお店で全く同じものを買いました。
早速付けてみると・・・

「なんだか寂しい・・・」

妙に地味なんです。
ややっ!
よく見比べると装飾物が違うのです。



○横のロゴが無い!
○後ろのロゴがない!
○ファスナーが違う!
○中の小物固定用ゴムが無い!
○全体にねじれている!
○縫製が悪い!
○反射生地が違う!

でも、ローラーシステムは同じなので
間違いなくSCICONです。
包装用袋にロゴがしっかり入っていたので
買う時は全く気付かなかった。

このご時世なので、値段は同じでも仕様が変更になる事は
よくある話ですが、これはひどい!!!

イタリアってブランド名だけ残して、
母体会社が全く変わる(企業買収)パターンがよくありますが、
SCICONもそうなのかなぁ。

もし日本でコレと同じくらいのコストダウンを商品に課したら
間違いなく消費者にそっぽを向かれますね。

因みに、このローラーシステムは、とても便利なんですが、
バッグを回転させて外そうとすると
サドル側の固定器具も回ってしまい一緒に取れてしまうことが多いです。
サドルレールへの固定器具がプラスチックで滑りやすいんですね。
こまめに付け外しするのはちょっと・・・って感じです。

イタモノを買う時はご注意を!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/17 08:55】 自転車 | track back(0) | comment(0) |

list 思い起こせば・・・(8)初パンク

昨年のとある週末。
ボクは泉大橋をめざしてAZZURIで走っていました。
「やっぱりTEAMより楽な気がする。」

TEAMは48のオリゾンタル(トップ52)。
AZZURRIは49(仮想52.5)のスローピング(トップ52.1〈仮想53.5〉)。
そうなんです。AZZURRIの方が大きいんです。
同一人物が乗るにはおかしいサイズです。
AZZURRIはTEAMよりハンドルを握る位置が5cmくらい前になります。
が、AZZURRIの方がハンドル位置が5cm位高いので
乗っている姿勢が楽なようです。

AZZURRIに乗る時は少しペースが上がります。
「いいバイク乗ってる割にノロノロやねぇ」って
思われたくないので・・・
誰もそんなこと気にも掛けてないでしょうが・・・

理由はともあれ早く走るのはいいことです。

無事、泉大橋をターンして帰り道。自宅まで残り20km位のところで
「チッ チッ チッ・・・」とリアブレーキあたりで音がしました。
ボクはあわててバイクを止め、音の原因を探りました。
すると、リアタイヤがとんでもないことになっていました。
古いサビサビの釘がタイヤを貫通して
リムの横に突き出ているではあ~りませんか。(図参照)

20080516-1-.gif

その突き出た釘がブレーキシューにあたっていたのです。
どうしたらこんな器用に刺さるのか・・・。
これも神様の仕業か・・・

早速ホイールをはずして、チューブ交換。
クリンチャーで良かった。

「あれれ・・・???」
「なんか短いよ?」

新しいチューブのバルブをリムに通した時!!!!
ボクは気付いたのです。
ZONDAはVENTOよりディープリムな事を。
(VENTOもディープですがZONDAはそれ以上ディープ(リアのみ)なのだ)
当時は一つのサドルバッグに携帯工具やチューブを入れて
TEAMとAZZURRIに付け替えて使っていました
当然、先に買ったTEAM用のバルブ42mmのチューブを携帯していたのですが、
ZONDAには51mmが必要だったのです。
バルブはリムから約1cm出ていましたが、ポンプの先が軟弱で空気が入りません。

困ったよ~。

ボクは誰かが通るのを【助けてオーラ】をいっぱい出しながら待ちました。
3分後位でしょうか、一人で走っておられる人が
「どうされました?」と声を掛けてくださいました。
「かくかくしかじかで・・・」(自転車道で2回目のかくかくしかじか・・・です)
その人はMTB用のポンプを持っておられて、
バルブにネジ式のアダプターを付けて空気を入れて下さいました。
「ありがとうございます。助かりました。」
感謝感謝です。

自転車に乗る人に悪い人はいない。
いや・・・・・少ない。

20080516-2.jpg

↑写真は木津川の流れ橋付近です。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/16 09:05】 自転車 | track back(0) | comment(0) |

list 思い起こせば・・・(7)AVANT AZZURRI

誰になんと言われようが・・・の、DEROSA2台体制ですが、
毎週週末は、「土曜はTEAMちゃん」「日曜日はAZZURRIちゃん」 
っていう具合に乗っていました。

TEAM(気持ち悪いのでチャン付けはやめます)とAVANTの違いは
ど素人なりに体感できました。
一番感じたのは、進み具合です。
AZZURRIはZONDAホイールを履いているのですが、
これが非常に良く進みます。(TEAMはVENTOです)
何となくの体感は10%ぐらいよく進むって感じです。
実際はわかりませんが・・・
AZZURRIは漕がずに進む時のカリカリ音が小さいです。
ZONDA以上は仕組みが違うらしいです。
乗り味は、滑らか!!!です。
人に違いを聞かれたら、ボクはいつもこう言います。

「古くなって粒々が粗くガタガタのアスファルト舗装道路と
  舗装したての新しい道路を走った時の感触くらい違う!」

これはホイールの性能もさることながら、
カーボンフレームの特性かもしれません。
上り坂がとっても楽なのもそのひとつでしょう。
TEAMはコンパクト(50-34)を付けていますが
AZZURRIはノーマル(53-39)でOK!
とにかくクイクイ走るって感じです。

ついでに、コンポですが
TEAMはヴェローチェ、AZZURRIはケンタウロなんですが・・・
ブレーキはさほど違いを感じません。
ディレーラはAZZURRIの方がかなりスムースに変速します。
見た目はそんなに変わらないのになぁ・・・

サドル。
TEAMはセライタのGELFLOW、
AZZURRIはフィジークのアリアンテ(カーボン+チタン)です。
ボクのお尻にはアリアンテがいいようです。
セライタは尿道圧迫が無いよう中央に穴があいていますが
結構お尻の接触部分が少ないのでお尻左右の突起部分が痛くなります。
その点アリアンテは面で支えられているので痛くなりにくいです。
サドルは人それぞれフィット感が違うので
どちらがイイとはいいづらいですが・・・。

まっ、性能云々よりも自分が気に入っているバイクに乗っている事が
とっても心地イイのです。



写真は去年のとある土曜日。
琵琶湖大橋上のAZZURRIちゃんです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/15 05:49】 自転車 | track back(0) | comment(2) |

list 思い起こせば・・・(6)AVANT AZZURRI

去年の5月頃のお話です。
DEROSAを知るべく、いろんなショップを巡っていました。
とあるお店でAVANTが飾ってありました。
(当時はそれがAVANTだとは知らなかった)
「コレがフルカーボンフレームです」と店主。
ボクは初めてカーボンフレームと言うものを手に取りました。

軽っ!!!!

この一言に尽きます。
わずか1,040gのカーボンモノコックフレーム。
コレが最新のロードフレームなんだ!
値段は30万円弱。

高っ!!!

結局ボクはアルミのTEAMを買ったのですが、
頭の片隅にいつも、カーボンモノコックフレームの感触が残っていました。

インターネットでAVANTの事を調べていると
AVANT AZZURRI というスペシャルエディションがある事を発見。
DEROSAのサイトで詳しく調べると
イタリアサッカーチームが2006ワールドカップで優勝した記念に
発売された「30台限定バージョン」でした。




ボクの大好きなアルカンシェルカラーが超~かっこいい!!
しかも、コレまたボクの大好きな「限定レア物」!!
価格は56.7万円!!!

超~高っ!!!

でも、カッコイイ!!!!!!!!!!!

欲しい・・・・・・・・。

それから、暇さえあればネットで探しました。
でも、発売から半年以上過ぎていたので
どこにもありません。
(日直さん〈DEROSA総輸入元〉にも直接聞いちゃいました・・・
   その時は大きなサイズはありました。55だったかなぁ)

1カ月後くらいでした。
神戸のショップにあるとのことでTEL。
「残念ながら売約済みですが、商品は今店舗に飾っています」との事。
早速TEAMで見に行きました。(片道60キロ)
実物は、まさしくボク好み。感激!!

欲しい・・・・・欲しい・・・・。


その後も、AVANT AZZURRI 探しは続きました。
恋する乙女の如く・・・。
恐らく高くて買えないけど、探すのって楽しいです。

そして、ついに見つけたのです。
三重県のウイルソンサイクルってお店のHPで。売っていると・・・
でもホームページって結構更新が古かったりして
電話すると大抵「売れたんです」って言われるんですよね。

早速電話。「あ~っ、ありますよ」と、あっさり。
サイズはスローピングの49.ボクには少し大きそう・・・。
でもボクはその場で即 「買います!」 って言っちゃいました。
後先考えずに・・・・・・。

ボクはその週末に三重県桑名市まで車を走らせ、引き取りに行きました。
さっそく試乗。
とっても感激。
いっきに購入。
きっちり調整。
こっそり帰宅。

奥さんには内緒で買ったので「こっそり帰宅」です。
数日後に見つかりましたが・・・。
当然、烈火のごとく怒られました。

が、どうしても欲しかった・・・。

この日から、ボクは
TEAM  &  AVANT AZZURRI のDEROSA2台体制という、
超~超~贅沢なサイクリングライフを満喫するのです。

神様に感謝。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/14 00:10】 自転車 | track back(0) | comment(4) |

list 京都ですねぇ。

昨日は昼から晴れ間が出てきたので、
少し走ってきました。
自宅→嵐山→丸太町通→
 円町→金閣寺前~北大路通→高野~東大路通→東福寺~九条通り→自宅
つまり円町からは碁盤の目の一番外を時計回りに廻ったってことです。
最初桂川自転車道を走っていた時はなんだか足が重たく
全然速度がのりませんでした。逆風のせいもあったのですが・・・。
円町から北大路へは上り坂なので、これまた のろのろ・・・。
高野から東大路は下り坂なのでかなりのスピードがでます。
特に京大あたりは信号も少なく、アスファルトもきれいなので
かなりのスピードが出ます。が、安全運転しなきゃ。

八坂神社前で信号待ちをしている時に、
その事件は起こってしまったのです!!
って、うそです。事件じゃないです。

歩道の柵によっかかっていると
「Excuse me」って声をかけられました。
(京都にいるとよく外人さんに道を聞かれます。)
「Where is Gion corner?」
地図を片手に聞いてきました。
(Gion corner:ギオンコーナーです。祇園花見小路ですね。
  超~京都って所です。夜にうろうろすると
    舞妓さんや芸妓さんを見る事ができます。
 お金のある人はお茶屋さんでお酒を飲みながら
             舞妓さんを呼びましょう)
ボクは
地図の現在地を指さしながら
「This place is here」
四条東大路の交差点を指さしながら
「turn to the right & go to straight」
「You can find the signboard Gion corner easy」
単語の羅列でも理解していたようで
「Thank you」といって仲間の方へ走っていきました。

この外人さんは神様じゃないけど
ボクに「英語の勉強をしろよ!」って
教えてくれたんでしょうな。
「Thank you」

ホント、いろんな人に出会います。

さて、実は昨日地元で毎年恒例のお祭りがありました。
チョット紹介しますね。
松尾大社という神社のお祭りです。
お神輿が6台(台ってかぞえるのかなぁ?)練り歩く、
非常に勇壮なお祭りです。

20080511-2.jpg 20080511-3.jpg

お酒の神様なので毎年高い確率で雨が降るんですよ。
今年は朝に降りました。
娘とお神輿を見て、タコせんと水あめを食べました。

両方くじ引きなのですが、
☆タコせん(150円)は、ハズレで1枚
 タコせんって言うけど形はイカだよなぁ?
☆水あめ(100円)は、見事3等で2本。ソーダとメロンを注文。
 水あめはネリネリしながら、白くなってから食べましょう。

20080511-4.jpg


懐かしい味でした。

本日の走行距離32.39km〈平均時速23.2km/h〉
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/12 00:37】 自転車 | track back(0) | comment(2) |

list 思い起こせば・・・(5)傷だらけのTEAM【最終回】

梅雨の時期がやってきました。(←去年のお話です)
去年は比較的雨が少なく(少なかったような気が・・・)
この頃になると、週末はどっぷりサイクリングでした。
行き先も何バージョンかできました。
1.嵐山方面(桂川嵐山自転車道/往復20キロ)
2.梅田方面(桂川・淀川自転車道/往復90キロ)
3.木津・泉大橋方面(桂川・木津川自転車道/往復80キロ)
4.琵琶湖大橋方面(一般道/往復80キロ)

今回は、3.コースの木津・泉大橋方面のお話です。超長~いですが面白いですよ。
木津・泉大橋方面と言えば
Manmaさんとの出会いがあった〈思い起こせば・・・(3)傷だらけのTEAM参照〉場所ですね。

この日も、わりと天気が良かった。
自転車道って結構ロードの人が走っています。
でも、結構エイジが高い。
ボクより年上の人もかなりの速度で走ってる。
達者って感じ。

目指すは終点「泉大橋」。
達者さんたちに負けないよう頑張って漕いでいました。
御幸橋の少し手前(京都寄り)で工事のため迂回路がありました。
(今は工事も終わり、この迂回路は通らずに済みます)
京守歩道橋と言う陸橋を登りきった辺りで
この陸橋を対向から下ろうとする
ロードに乗る(ローディーって言うらしいのだが・・・)2人組が見えたので
ボクは手前で止まり、二人が通過するのを端っこで待っていました。

そこで!、そこで!!!
TEAM史上最悪の事件が起こってしまったのです。
(今思い出しても悔しい!!!!!!!!!!!!!!!)

Uターン気味に陸橋へ進入してきた最初のバイクの人が
ボクがいる事に気付かずそのまま突進してきたのです。

20080511-1.gif


でも、余裕で避ける事ができる状態でしたが、
その人は慌ててしまい、なんと!! ボクの愛車の上に寄りかかって来たのです。
二人してバタンと倒れ込みました。
(その人はビンディングを外そうと必死でしたが、
 そんなことをせずに素直に曲がれば余裕で曲がれたと思う!!!!)

「うわぁ~えらいこっちゃ。不細工なこっちゃで。かっこ悪う~」

こってこての大阪弁をしゃべるオヤジ!!!
「大丈夫でっか?」
と、一応気遣ってくれました。
フロントフォーク付近にあたってきたので
必死で確認しました。
傷はありませんでした。
〈よかった! ほっ。〉
でも、地面に黒い物体が・・・。
あれ?? 拾うとそれはハンドルのエンドキャップでした。
DEROSAのハートマークがついた可愛いキャップです。
どんな状態になって、キャップが外れたのか未だに不明ですが
バーテープがバーエンドあたりからえぐり取られていました。
普段なら、ここで“ブチ切れる”のですが
Manmaさんとの出会い以来、出会った人に対する感情が
穏やかになっていたボクは、
「いいですよ。バーテープくらい・・・」と
寛大な人を演じてしまいました。
(実際、この時はそう思っていた)
その人はそそくさとその場を去っていきました。

いやぁ~災難だったなぁ。
まっいいか、バーテープくらい買っても安いし・・・。

それから5分位走った時、のどが渇いたので
ボトルを取ろうとボトルケージに目をやったその瞬間!!!
ボクはとんでもないものを見てしまったのです!!!!!!!!!!!!

わっああああああああ!!!!
ダウンチューブのDEROSAのロゴマークの「D」のところが
ごっそり削り取られていたのです!!!!!!!!!!!!
下地の白色を通り過ぎ、アルミ素材が確認できるくらい!!!

「やっぱりTEAMはアルミ製だったのね」
って感心してる場合か!!

「なんじゃこらぁ~~~!!」
松田優作かっ。
(↑関西人の悲しいサガ。一人ぼけ一人突っ込み)

よく見るとフレームの左右両側が削られていました。
いったいどうすればこんな削り方ができるのか???
ボクはそのおっさんの後を追いかけましたが、
見つける事はできませんでした。

今から考えると、あのクソオヤジ気付いてたんじゃないかなぁ。
ボクのフレームを見て少し目の色が変わった瞬間が
あったような気がする。

人→オヤジ→おっさん→クソオヤジ
感情の移り変わりです。

その日の晩に傷ついたフレームを何とか修復しようと
リキテックス(アクリル絵の具です)を調合してペイントしました。
(リキテックスっていうのが悲しい・・・)
メタリックの紺紫色が非常に微妙な色だったのですが
シルバーを混ぜたりして、
なかなかの仕上がりとなりました。
一応エナメル系のクリアでコーティング~!(←エド晴美風)
パッと見は分からないです。
ジロジロ見ないでね。


後日この話を知人に話すと
その知人曰く、
「そのおっさんは、きっと神様やったんや」

「????神様 ??? 意味分かんない ????」
けど、神様なのかも。。。
何かをボクに教えに来たのかも。


「傷だらけのTEAM」の記事も4回目となりましたが、
今回で終わりにします。って言うか、
この御幸橋のアクシデントを最後に今(08年5月)まで、ほぼノントラブルなんです。

神様ありがとう。
でも、二度とボクのバイクに突っ込んで来ないでね。

【現在のお話】
昨日は雨で全く走ってませ~ん。
今日は午後から晴れるそうだけど・・・。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/11 06:47】 自転車 | track back(0) | comment(3) |

list 思い起こせば・・・(4)傷だらけのTEAM

TEAM購入1カ月頃。

その日は初めて梅田に向かいました。
桂川自転車道から御幸橋へ。そして府道13号線を大阪方面に南進。
途中から淀川自転車道を走行。
淀川って結構汚いイメージだったのですが、
実はとっても綺麗でした。
とくに枚方辺りから、広い河川敷き一面に芝生が広がり、
家族で遊ぶ姿があちこちに。
平和だなあ。日本も捨てたもんじゃない。(大げさか・・・)

気持ちいい!!

2時間近く走ると、新梅田シティのビル群が見えました。

おおっ! すごい! こんなとこまで来ちゃったよ!

自転車で梅田まで行けるっていうことがすごい。
大阪に着くと、サイクルヴィレッジさんと
シルベストサイクルさんに寄りました。
ロード初心者のボクには欲しいモノが沢山ありましたが
お金もなかったので(DEROSAのボトル買っときゃ良かった・・・)
そのまま帰路へ。

帰りも順調で無事帰宅。 ってはずが無いのですよねぇ。

でっ、淀川自転車道で何が起こったのか・・・?
恐らくこの道を走る方は皆さん経験があるのでは・・・。
そうです、あの非常に邪魔な“バイク止め”の鉄柵です。
ボクはいちいちビンディングを片方はずして通ります。
絶対に擦りたくないので。
その日もできる限り慎重に通り過ぎていました。
が、人間っていうのは不思議なもので・・・・
慣れてくるとついつい雑になるのです。
バイク止めも20個位クリアした帰り道でした。
ペダル部分も通過して、さあって漕いだ時に「カーン」と金属音。
やっちゃいました。シートステイをゴリっと。トホホです。

自宅で早速タッチアップしようとしたのですが
塗料が無かったので何となくマジックでごまかしました。
TEAMチャン ごめんなさい。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/10 05:25】 自転車 | track back(0) | comment(0) |

list 思い起こせば・・・(3)傷だらけのTEAM

今日のお話は少し長~いです。

納車から半月が過ぎ、ロードバイクにも少し慣れてきた。
この頃、週末は木津川自転車道をよく走っていました。
のどかな田舎の風景が心地イイんですよね。

あれは確か2007年の6月10日(日)でした。
木津の泉大橋めざしてひたすら自転車道を走っていました。
山城大橋を越えた辺りで土手を上る坂があり、
チエンをロー側へ変えた時、またしても落ちちゃいました。チエンが。
嵐山の時よりもかなりガッツリ咬んでいました。
脇に避けてチエンを外そうとするのですが全く外れない。
困っていた時、ご夫婦でサイクリング中の方が声をかけてくださいました。
色々やっていただいたのですが、チエンは外れず、
近くのプロショップを教えていただき、ご夫婦はその場を去られました。
(このご夫婦とは、後に不思議な縁で再会するのです)

さてさて、どうやって自転車屋さんまで行けばいいのか?
自転車道は畑の真ん中。恐らくショップまで3キロ以上はある。
クリート付きのロードシューズでバイク担いで3キロは無理!
近くで農作業をされていた方に「かくかくしかじかで」って事情を説明したら、
なんと! 軽トラで近くの自転車屋さんまで乗せて行ってくださったのです。
軽トラの荷台にバイクと自分が乗って・・・。
コレがなかなかの乱暴運転。でも、感謝です。

着いたのは、街の普通の自転車屋さんでした。
(プロショップは少し遠かったので・・・)
カセットスプロケットを外せばいいかなと思っていましたが
街の自転車屋さんにカンパの専用工具などある筈もなく
おじさんは高額そうな自転車(実際にボク的には高価だ)を
傷つける事を躊躇されてました。
細目のマイナスドライバーをお借りしてなんとか外せました。

080509.jpg


帰り途中、雨にあい、散々な1日でしたが
いろんな人に助けていただき、感謝感謝!!でした。

待てよ!
さっきのご夫婦の奥さんが着ていたジャージって・・・どこかで見た。
女性の顔が描かれている特徴的なジャージでした。
そうや! あのブログや!
DEROSA TEAMを購入する際に、WEBで色々調べていました。
そこでご夫婦のブログを見ていたのです。
〈確か関西在住だったよなぁ〉
〈でも・・・まさか・・・同じジャージって沢山あるし・・・〉
翌日ブログを見ると、書いてあるのです!!!往生していたボクの事が!!!!!
〈やっぱりこの人やったんや!!!!!!!!!!!!〉
早速お礼のメールを送りました。
驚いておられました。
そのブログがこちらです。↓↓↓

http://nara.manmatei.jp/manma_no_manma/2007/06/index.html

2007.06.10 タイトル:まんま亭、変態度アップ? 
  ↑ボクの往生が書かれていました。
2007.06.12 タイトル:サイクリストの暖かな出会い 
  ↑お礼のメールの話が載ってます。

この方はmanmaさんと言うのですが
今でも時々お会いします。
ロードバイクに超ハマられて、実業団チームまで作られました。
なかなか熱い方です。
その行動力は是非見習いたいと思います。

いろんな出会いがある。
自転車っておもしろいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/09 06:30】 自転車 | track back(0) | comment(4) |

list 思い起こせば・・・(2)傷だらけのTEAM

さぁーて、乗るぞ!!
しかし、心臓をドキドキさせるのは
初めてのビンディングペダル。
カチッ!
心地よい音と共にクリートとペダルがガッチリと固定。
いつでも外せるように何度も練習したし大丈夫、と
自分に言い聞かせスタート。
自宅近くを快走。
「いい感じ」
最新バイクは、ご機嫌なくらい良く走りました。
ペダルを止めて惰力走行すると
カンパのフリーはカチカチッとやや大きめの音がするのですが
それが魅力ですよね。

やっぱいいわ。

30分ほど走り、信号待ちで事件は起こりました。
青信号になり、スタートをきったとき
左側から突然の横風。
固定されている右足ペダルは一番下。
速度がでないまま、あえなく右側に立ち扱け。
リアディレーラとペダルに傷がつきました。

やっちゃたよ。しかも初日に・・・。

ディレーラのインデックスが少し狂ったようでした。トホホ。


翌週。
気を取り直してツーリング。
天気も最高。桂川嵐山自転車道で嵐山へいきました。
何十年ぶりかの渡月橋。
京都に住んでると滅多に行かないんですよね。
人が多いし。

その渡月橋で第2の事件です。
橋の中央辺りで人が多くなってきたので
リアギアを最ロウ(ボクは13-26を付けていますので
26側ですね)に入れたその時、チエンが落ちちゃいました。
ガッツリとホイールの間に噛み、後ろタイヤがロック!
この時はとっさにビンディングを外し、立ちゴケは免れました。
でも、チエンがチエンステイに擦れ、またしても傷がつきました。
トホホ。

この後もDEROSA TEAMの災難は続きます。
(災難といってもこれらはすべて自分のせいですが・・・)
しかし、その事件がきっかけでおもしろい経験をしました。

そのお話は、また明日にでも・・・。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/08 20:01】 自転車 | track back(0) | comment(0) |

list 思い起こせば・・・

去年のゴールデンウイークに何となくインターネットを見ていたら、
懐かしいロードバイクが売られてた。
スチールフレームで、コンポはカンパニョーロ。
ディレーラはヌーボレコードの時代物。
でも、デッドストックの新品パーツで組まれていた。
15万円位でした。
何となく欲しくなり本気で入札しようと思ったけど
もっと他の自転車を見てから購入を検討した。
もともとビンテージ物が大好きなボク。
縦型ディレーラは美しく、芸術品と言っても過言じゃない。
でも? 待てよ!
最新のロードバイクってどうなってるんだろう?
色々調べていると、随分進化していた。
何とリア10段変速!
ディレーラのチェンジレバーがブレーキレバーと一体型になっている!
フレームはカーボン製!
こんなのってどんな走りをするんだろうか・・・
よし! 最新のバイクを買うぞ!

ここから第2に自転車人生が始まりました。

まずは、どこのバイクを買うか?
自転車はやっぱりイタリアでしょ。
COLNAGO・DEROSA・CINELLI・PINARELLO・・・
高校の頃から憧れていたDEROSAにしよう。
ハートマークが超可愛い!

そしてインターネットでフレーム探し。
DEROSAってやっぱり高い!
エントリーモデルのTEAMでも17万円!
完成したら30万円越えるよ(驚)

色々探していたら、吹田のカンザキさんってショップに
06年モデルのTEAM(irisブルー色)が少し安くなっていたので
愛車(VOLVO-240  WAGON  RED←今は無き・・・)を
かっ飛ばして購入しました。
(最新のバイクを買うぞ! って言ったわりに
  カーボンじゃなくアルミフレームとなってしまった)

さてさて、どこのショップで組んでもらおうか?
自宅近くにRinRinNODAさんってプロショップがあったので
そこでお願いしました。
店主の野田さんは気さくな方で
パーツも色々相談にのっていただきました。
財布と相談の末メインコンポは
カンパのヴェローチェに決定。
ホイールはベント。
このフロントラージハブは
アルミの光沢好きのボクにはぴったり!
こうして完成したのが、このバイクです。

NEC_0008.jpg


昨年6月納車でした。
どうです、かっこいいでしょ!

そしてここから、このロードバイクを中心に
いろんな事が起こります。

今後ぼちぼちお話していきます。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/08 09:07】 自転車 | track back(0) | comment(0) |

list ブログデビューです。

初めまして。Frank*です。
大好きな自転車の事や、
日々の出来事なんかを
少しずつ書いていこうと思います。
どのくらいのペースで書ける事やら・・・。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/05/07 13:39】 その他 | track back(0) | comment(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。