list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 原谷。

♪あなたとならどこまでも行けるつもりでいたのに~♪

土曜日、行ってきました。
『原谷』。
Norishyさんお勧めの坂です。

西大路通りをひたすら北へ走ります。
円町からググッと上ってめざせ金閣寺。
今日はなんだか足が調子良い♪
Baikalって老舗洋菓子店のある交差点に、小さく
「原谷」って矢印がありました。
交差点を曲がるとしばらくして金閣寺の南西壁面に。
ココから恐怖の氷室道。

おおっ。なんたる坂ぞ。

素人ローディーのボクにはキツ過ぎる~。
調子の良かった足を西大路に置き忘れてしまったようで、
坂半ばで足が笑ってます~。
レッドカーペットなら満点大笑って感じ~。
車が結構なスピードで肩をかすめるので、
車道から歩道へ移動。
まっ、歩くようなスピードなので仕方がないか・・・。
途中のヘアピンカーブで足をついてしまった~。
というより、歩道上のこのヘアピン部分は
超ヘアピンUターン&急坂なので
かなりの踏ん張りが無いと曲がれない。
ダンシング踏み踏みまくりでやっと越えられるって感じ。
足が早々に売り切れている状態では全面降伏でした。

20080802-02.jpg

↑屈辱のヘアピンカーブ。

ヘアピンを歩いて曲がり、
再び走ろうと右足をビンディングにセット。
グイッと漕いで、左足をセットしようとしたが失敗。
で、時速0km/h。
コケる~。
と思ったが何とか左に傾きセーフ。
「あ~恐~。」
再度チャレンジで成功。
残り数十メートルで峠に到着。
距離は短いが手強い坂でした。
家からの高低差約200m。

20080802-01.jpg

↑坂の途中にこんな看板が!
 街中からわずかな距離で熊出没かぁ~。
 この近隣の住民は家の中にスープを
 置きっぱなしにしてはいけないのだ。

原谷から竜安寺と御室仁和寺の間を通って、
妙心寺横から馬代通りへ。
有名お寺処どすなぁ~。
この間ほとんど下り坂だったので足も回復。

「走り足りないので『桂坂』にでも行こうか・・・」

丸太町通りを西へ一路嵐山。
嵐山から五条通りまで自転車道を南下。
五条通をひたすら西へ。
PCデポから京大桂キャンパスコース。
登り坂度合いで言うと、原谷よりましかなぁ。

20080802-03.jpg 20080802-04.jpg

↑京大キャンパス内から市内を望む。
 京都タワーが小さく見える。
 こんなに上がってきたのね。

ロータリーを起点に
例の周回コースを回りました。
途中TREKにのったお兄ちゃんにゴボウ抜かれ。
愛想もクソも無い抜き方に
「そんな抜き方は無いやろ!」と思いながら
3周完走。(勝手に3周で『完走』としてしまった)

お腹が空いてきたので帰路へ。


↓この日のルートはコチラを参照してください。

http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=0a419d374a55b1367ef2f9a8bd1068c7


こうして高低差を見ると原谷も桂坂PCデポもあまり変わらないなぁ~
※途中、道を小さく外れてコの字に迂回しているのは、
 コース作成時の道の選択ミスです。
※トータルの走行距離が下記の距離と違うのは、
 桂坂の周回コースを1周で終わっているからです。



実家に寄って、

ボク「○○さん来はった?」
父 「い~や。」
ボク「ふーん」
姉 「やっぱりいたずらやったんやて」
一同「・・・」

と言う事で、誰も来ませんでした。トホホ。
この事に関しては又後日ブログネタの無い時にでも
お話します。


昨日の走行距離50.42km〈平均時速20.8km/h〉by team
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/08/03 09:39】 自転車 | track back(0) | comment(2) |
comments
list 金閣寺の西からは
キツい登りコースです。
説明が不十分でした…。

金閣寺から鷹峯まで北上して、原谷へ折り返す道があるんですが、こちらは全編ゆるゆる坂です。


Frank*さん、実は坂好きですね?(笑)
【2008/08/03 17:21】 URL | Norishy #-[ 編集] |
list あ~れ~~・・・。
そうなんですか?
鷹峯まで北上してから原谷に行くのですね。
そんなコースがあったのですか。なるほど。
でも、この氷室道の坂には借りができましたので、
必ず返させていただきます。

坂、大キライですよ。
でも、昔から「イヤよイヤよも好きのうち」って言いますしね。
意外とハマルかも・・・。
【2008/08/03 21:10】 URL | Frank* #-[ 編集] |
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://derosafrank.blog39.fc2.com/tb.php/103-d0746c7a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。