list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list コピーライター。

【コピーライター】:広告用の文章を書くことを生業とする人。



今日は少し真面目なお話。
前回の記事で
今から20年ほど昔。
まだ、広告に元気があった時代の
糸井重里さんの話に触れましたが、

「不思議、大好き。」
「おいしい生活」

など、
彼のキャッチコピーは
広告に携わる人で無くとも
目に、耳にした事があると思います。

「あると思います!」

↑たったこれだけの言葉を
 あれだけ印象づけた天津木村はエライ!
 てかっ、エロい!(ウマイ!)

話が逸れました。

ボクが好きだったコピーライターは
この糸井さんと仲畑貴志さん
ちょっとミーハーな人選ですが。。。

ボクのなかでは、

糸井さんは『言葉』に新たな生命を与える人。
仲畑さんは『言葉』を使って人の心の奥底にあるものをえぐり出す人。

なのです。

糸井さんのコピーは
「くう ねる あそぶ」(日産自動車)
「うれしいね、サッちゃん。」(西武百貨店)
「じゃない。」(西武百貨店)
など・・・
今まで普通に使っていた言葉に、
全く新しい意味をもたせちゃう天才。

仲畑さんのコピーは
「愛とか、勇気とか、見えないものも乗せている。」(JR九州)
「一緒なら、きっと、うまく行くさ。」(西武流通グループ)
「服を脱がせると、死んでしまいました。」(ワールド)
「新聞を開くたびに
 ギシギシ音がする
 ような なんだか
 息が苦しい世の中
 だから やわらか
 な味が好まれるの
 かもしれない  」(味の素ゼネラルフーズ)
「世の中バカが多くて疲れません」(エーザイ)
など・・・
仲畑さんのコピーは暖かいです。
人間はどうあるべきなのかって事まで伝えようとしてる気がします。


ボクは世の中を揺すったコピーが好きです。

「日本を休もう」(JR東海)

なんて大好きです。
速さだけを追い求めてきた鉄道が
社会全体を通して「もう少しゆったり生きようよ」
ってメッセージしてるのがいい。
日本がどこへ行こうとしているのか迷っていた時に
軌道修正してくれた広告だと思います。


でも、ボクの中でピカイチのキャッチコピーは
西村佳也さんの

何も足さない。何も引かない。(サントリー 山崎)

です。

いずれも古いですね(笑)

最近の広告で、コレってものが無いのは
広告にパワーが無いのか、それとも
ボクの感性が枯れてきたのか・・・
うーむ。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/10/17 06:30】 自転車 | track back(0) | comment(10) |
comments
list コピーライダー?
さっすがは師匠。引き出しがいっぱい!<シャイネタ(笑)

「何も...」は西村さんって方なんですね。
サントリーと言えば,「ウィスキーはお好きでしょ?」というコピーをつけた
アールデコ風の船の絵を使った車内広告が印象的でした。
あの絵は欲しかったなあ。
【2008/10/17 07:59】 URL | ペダル #-[ 編集] |
list くやしいかな、
そのポスターの絵が思い出せないです。
石川さゆりさんの歌は明確にでてくるのですが・・・。

このCMの10年程前に
大原麗子さんの
「すこし愛して、なが~く愛して」って
サントリーREDのCMがあったのですが、
彼女の声が可愛かったなぁ~。
【2008/10/17 08:38】 URL | Frank* #-[ 編集] |
list 1行のちから
「タコが言うのよ」
「人間だったらよかったのにね」
「おしりだって洗ってほしい」
「男は先に死ぬ」
「なんだ、ぜんぶ人間のせいじゃないか」
「人類はアブナイものを作りすぎた」
このお二人のコピーって、いくらでも思い出せますよね。

私がこの世で一番好きなコピーは、誰が作ったのかは知りませんが
「バンドエイドはママのキス」
です。
傷口のヒリヒリした痛みが消えていくような優しさがすごく好きです。

最近のコピーはダジャレばかりでつまらないです。
コピーライターもダジャレしか出なくなったら終わりやな、って、
そういう広告を見るといつも思います。
【2008/10/17 10:28】 URL | まこと #-[ 編集] |
list 終わりました。
ダジャレ言うのはダレジャ!
自分が責められているようで
心が痛いです~。

まことさんの好きなコピーは
「世の中、金や! 金や金や金もってこい!
  金のないヤツに用は無いぞぉ~コラァ~!!」
かと思ってました。
あっ、このキャッチコピーは
ウチの広告用ですねん(笑)

【2008/10/17 10:54】 URL | Frank* #-[ 編集] |
list なんだか
AD FLASHな、内容ですね!(^o^)
なつかし~!
【2008/10/17 16:51】 URL | エフ吉 #gGcINRmw[ 編集] |
list 懐メロならぬ
懐コマってとこでしょうか?

長良川で、まんまトレインやりましょね!

♪運転手はボクだ~♪車掌さんは君だ~♪
↑こんな歌詞だったような・・・
【2008/10/17 17:14】 URL | Frank* #-[ 編集] |
list TO BE or NOT TO BE
この記事にコメントすべきか、せざるべきか、ずいぶん悩みました。
(なんか試されてるみたいで…)

西村佳也さんのコピーは、私も、圧巻だと思います。
これ以上、言いようがないって感じ。

でも、私の中での1等賞は……。
かなり前の「宝島社」のお正月広告に
「おじいちゃんにも、セックスを」というのがありました。
この広告のモデルのダンディなおじいちゃんは、
詩人の田村隆一なんですけど。
このコピーを書いた前田知己さんが、
田村氏にくだんのコピーを見せたところ、
僕なら、「おじいちゃんにも、タックスを」と書くなあ、
と即答したんですって。

一流の詩人には、コピーライターなんて、
大人にけんか売る子どもみたいなもんだと、つくづく感じました。

だから、私にとっての1等賞は、この田村隆一のひと言です。
【2008/10/17 19:32】 URL | deko #-[ 編集] |
list
dekoさんの為にこの記事書いたのに、
キミがコメント入れなくてどうする。
うそ。
TVで久しぶりに糸井さんの大きな鼻の穴みたら
こんな記事を書きたくなったのだ。

「おじいちゃんにも、セックスを」って
どういう意味なんでしょう?
おじいちゃんにもセックスして欲しいってことですかね?
いつまでも若い気持ちでってことですか?
それとも、もっと深いのかな?
【2008/10/17 21:02】 URL | Frank* #-[ 編集] |
list たぶん…
セックスという、ある意味、強くて、ヤバイ言葉を、新聞広告で(しかも正月に)使ってみたかったのかな、というあざとさを感じますよね。
だから、タックスの方が社会性も含蓄もあるなと思ってしまうのです。
【2008/10/17 22:23】 URL | deko #-[ 編集] |
list 含蓄
【がんちく】って読むのかなぁ~。
さずが!元?コ●●●●●ーさんですね。
難しい言葉をお使いになる。
ボクも含蓄のある言葉を発せる人になりた~い。
【2008/10/18 06:03】 URL | Frank* #-[ 編集] |
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://derosafrank.blog39.fc2.com/tb.php/173-21b69d33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。