list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 琵琶一。

琵琶一(びわいち):
 琵琶湖を自転車などで一周すること。
 琵琶湖大橋より北側の北湖(約150km)を回る場合と
 瀬田の唐橋を渡る完全1周(約200km)の2種類があるが
 一般的に「琵琶一」は完全1周を指すことが多い。



去年行こうと思いながら、機会を逸してしまった「琵琶一」に
この3連休のどこかで行こうと前々から企んでいたのですが、
天気予報では初日の22日(土)のみかろうじて曇りマークで、他は雨。
やっぱ、22日しかないねぇ~。
で、
22日(土)に決行することにしました。
しかも自走!
琵琶一(自走)は高校時代に一度経験しており、
今回は実に30年ぶりのチャレンジ。
当時は午前6時に出発して午後8時帰宅の14時間。
友人達3人で回ったのですが、今回はボクひとりのお気楽旅。
さてさてどうなることやら・・・


朝7時起床。
ホントは6時頃に出発したかったのですが
前日が仕事の打ち上げで、寝たのが3時頃でしたので・・・
さっさと朝食を済ませ、犬に餌をやり(散歩はパス。sorry)バタバタと準備をした。
teamかavant。どっちで行こかなぁ?
長距離が楽なavantやね。
そして7時40分出発。

寒い~。

昨日のいでたちは
長袖のアンダーシャツに半袖ジャージ、アームウォーマーして
上からモンベルのウインドブレーカー(軽くて超~薄いが高性能)を羽織る。
ボトムは、ロングのサポートギアに半ビブショーツ、そしてレッグウォーマー。

でも寒い~。

こんな事で200km以上も走れるのか?

とりあえず「目指せ大津!」
五条通から山科へ。
清水五条の坂はいつもながらにしんどい。
名神東インター付近で道に迷いながらも逢坂峠を越える。
この辺りで雨。
空は明るいのに・・・。
どうしよう。
行くべきか戻るべきか?
天気予報では昼から晴れるってことだったので続行。

161号線と1号線の分岐点を1号線側へ進む。
ここからが「琵琶一」の始まりかな。

小雨が降り続く。

やっぱ戻るべきか?

今回の琵琶一での最大の敵はこの「雨」と「風」と「寒さ」でした。
この寒さでどしゃ降りに会うと完全にアウトです。
トップはウインドブレーカー着てるので大丈夫ですが、
ボトムがビショビショになります。

所々に青空が見えるので、ふたたび走り続けました。寒い~。

瀬田唐橋から湖岸道路を走るつもりでしたが、
雨が強くなったときに雨宿りする場所が無いので、
国道を走ることにしました。

国道1号線は土曜の早朝にも関わらず車が多い。
栗東からは国道8号線を走ります。
依然として雨は降ったり止んだり・・・。

20081122-01.jpg

↑栗東辺りのローソンにて。後ろは近江富士。
 東方面は青空が見える。

国道8号線も非常に車が多い。
そしてトラック比率が高い。
渋滞している所も結構ある。
自転車は車道の極力左端を走るのですが、
その部分のアスファルトが波打ち、ガタガタである。
場所によっては歩道を走ることが多くなる。
この時点で平均時速は約21km前後。
先々の不安要素(体力)を考えてついついノロノロ運転になってしまう。

20081122-02.jpg

↑彦根城をバックに。ひこにゃんは居なかった。
 この池でバス釣りをする人が多かった。したい~!

彦根から長浜へは湖岸道路を走りました。
湖岸道路といってもペダルは漕ぐ。(漕がん道路!)←走りながら思いついて、にやけてしまった。
前回もそうだったのですが、この区間は風が強い。
しかも逆風。
必死で漕いでも15km以下なんて時も・・・。

20081122-03.jpg

↑道の駅「近江母の郷」にて。
 寒いと足が冷えるのできれいなトイレのある道の駅はありがたい。

ひたすら湖岸を漕ぐ(ひつこい!)

20081122-04.jpg

↑長浜城をバックに。
 別にお城フェチでは無いですょ。

標識に湖北の文字が見えた。
白鳥らしき鳥がいた!
北~に来た~って感じ!!

この辺りでまたもや雨。
空は真っ暗。
やばい!

実は今回の琵琶一では念のため“サポートカー(注1)”を用意していました。
万が一、雨が降ったり、足がダメになったりで走行不能になった時は
この“サポートカー”に乗って帰ろうと・・・。
これは大正解で、数々の不安を解消してくれました。

「アカンかったら“サポートカー”があるやん!」って気持ちで。

北に行けば行くほど寒さが増しました。
遠くに見える山には雪化粧が!!
これはスキーへ行くときの風景ですね。
サイクリングの風景じゃないよ~~。

そして琵琶湖最北に到着。
ここからは折り返しじゃ~。

さて、問題の奥琵琶湖パークウエイです。
ボクとしてはとっても登りたかった(笑)のですが、
麓から見ると暗雲立ちこめ、どう見ても雨が降ってそうなので
国道303号線を永原方面に回りました。
おそらく正しい判断だったと思う。

20081122-05.jpg

↑場所は不明ですが・・・湖北。
 真冬の日本海のような寂しさを感じる。
 この辺りはほとんど人がいない。

天気も少し回復してきたので
湖西側は湖周道路(こっちは湖岸道路ではない)を走った。
風さえ無ければ非常に走りやすいのですが・・・。

20081122-06.jpg

↑新旭風車村をバックにセルフタイマーで撮影。

北へ向かうのと違い、走るほどに家に近づくので
スピードも上がる。
30km/h~35km/h巡航がふたすら続く。

20081122-07.jpg

↑白髭神社の鳥居をバックに。
 琵琶湖といえばココは押さえないとね。

距離170km付近から異常に体が疲れてきた。
太ももはまだ大丈夫なのですが、膝が痛い。
そしてお尻が痛い!
サドルのフィジークアリアンテはボクのお尻には合っている方でしたが
かなり痛かった。尿道圧迫がひどい。オシッコするとき激痛が走った。
腰も痛みが出始め、肩もパンパンに張ってきた。

少し体を回復させるため
大津の手前で遅い昼食をとった。
非常に体が冷えていたのでラーメンを食べた。
旨かった~。

お腹がふくらむと体力も回復し、
再び快走できました。

峠を二つ越えて無事?(注2)帰宅。
時刻は17時40分。
出発からジャスト10時間で琵琶湖一周して帰ってこられた!

でも、気候がよくって渋滞とかが無ければあと1時間以上縮められる気がしました。


(注1)サポートカー:実はJR。
    輪行バッグを携行していました。
    結果は使うことなく無事一周できたのですが、
    ものすごく心強く、安心でした。

(注2)無事?:実は2度も立ちゴケしてしまった。
    やっぱり疲れてたんだねぇ~
    一度目は停車中にバランス崩して。
    二度目は上り坂でクリート填らず失速。
    リアディレーラーのインデックス狂っちゃたよ~(涙


走行距離:207.41km
平均時速:23.7km/h
走行時間:8時間44分35秒
by Avant

※今回は湖東側はほとんど国道を走ったのと、
 奥琵琶湖パークウエイをスルーしたので
 距離が前回よりも20kmほど短かった。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/11/23 08:08】 自転車 | track back(0) | comment(13) |
comments
list お疲れ様でした
京都から自走でのびわイチはスゴイです!!
朝方雨が降るびわイチには厳しいコンディションでしたが、お疲れ様でした。
風邪ひかないでくださいね。
【2008/11/23 08:36】 URL | おれんじおるか #-[ 編集] |
list 負けそう
今競争したらきっと負けるでしょうね~
すごく頑張っていらっしゃいますね。

すごいオヤジになってきたなぁ~。
拍手!!
【2008/11/23 08:54】 URL | Manma #-[ 編集] |
list
凄すぎ・・・

完一すらやったことのない小生には未体験ゾーンでございます。しかも一日200kmか。

今日はゆっくりお休み下さい。
【2008/11/23 09:25】 URL | 犬丸36 #-[ 編集] |
list 疲れました。
おれんじおるかさん
いや~寒かったです。
イヤーウォーマーしていたのですが、
最後まで外さずでした。ビックリ!

Manmaさん
ハッキリ申し上げます!
「Manmaさんには勝てません。」
何事も!ハイっ!

犬丸36さん
寛一お宮。なんつって。
今日も自転車で出かけま~す。
といっても20km程ですが・・・。
今回走って感じたのですが、
現状でボクが一日に走れる距離は
たぶん250kmが限界のようです。
今度はご一緒してくださいね!イッヒッヒッ。
【2008/11/23 10:21】 URL | Frank* #-[ 編集] |
list 凄い
の一言であります。
自分だと、最初に雨に降られた時点で、きっと退却してます…。


【2008/11/23 20:12】 URL | Norishy #-[ 編集] |
list おつかれさまでしたぁ ~
寒くて小雨降る中を一人で琵琶一なんて凄過ぎですぅ。
でも何時かご一緒させて頂きたいですぅ~♪
【2008/11/23 21:25】 URL | まんまママ #-[ 編集] |
list
そんな凄いことしながらも,
「漕がん道路」にニヤつくあなたは
ビューティフル!(笑)
【2008/11/23 22:47】 URL | ペダル #-[ 編集] |
list いえいえ
そんなたいしたことはないのです。
ダラダラ・ノロノロ走ってましたので。

Norishyさん
今年中に一度回っておきたかったのです。
Newマシンが来たら一緒に行きましょうね。
でも春が来てからですが・・・

まんまママさん
ボクは大勢で走るのも好きなのですが、
いつ予定を変更してもいい
気ままな一人旅も好きなのです。
冒険王のママさんなら単独無寄港琵琶イチなんていかがでしょうか?
もちろん「ついてこい!」と言われれば
喜んでお伴させて頂きます~。

ペダルさん
今回の記事の佳境は「漕がん道路」です。
お褒め頂きありがとうございます。(笑
いつもながら、ボクのポイントを見つけるのが
お上手でございますねぇ。
さすが哲学者!

【2008/11/24 00:22】 URL | Frank* #-[ 編集] |
list おつかれ3
この間琵琶一の話してたけど、ほんまに行くとは!
でも、厳しい環境の中大変でしたね!
来年から週に一回は琵琶一ですか(笑)
奥琵琶湖は一通なんでわりと安全に登れますよ!

僕はこの連休、急性胃腸炎でぐったりでした。とりあえず再起動しましたが…!
【2008/11/24 00:27】 URL | エフ吉 #-[ 編集] |
list ウラヤマシイです
チビクロです!

琵琶一ですか~
スゴイですねぇ!

チビクロは最近、やすみの日を丸一日つかってロード走りに徹したコトがないので、ウラヤマシイです。

チビクロも春になったら走ってみたいです。タイミングがあれば、ぜひ、サイクリングペースでご一緒してくださいね。
【2008/11/25 07:41】 URL | chibikuro #lOQzTTzw[ 編集] |
list ほんまに行きました(笑
エフ吉さん
今度はちゃんと奥琵琶湖PWも登ってみます。
ボクも最近下痢続きです。
お互い健康管理が大事な年齢ですね。

チビクロさん
またまた~~。
絶対サイクリングペースにはならないと思いますねぇ(笑
あっ、Ave.35km/hはチビクロさんには
サイクリングペースでしたよね(笑
【2008/11/25 08:16】 URL | Frank* #-[ 編集] |
list すごいですねぇ
私も琵琶イチしましたが、もっと季節のいい時にぶちょ~や組長に引いてもらいつつ大勢で、でした。
この季節とても一人でなんて…

私は完全に負けてますね(ーー;)
来年の鈴鹿はエースということでお願いします<(_ _)>
【2008/11/25 14:09】 URL | ぶひお #wGKQpoFw[ 編集] |
list 孤独を
楽しんできました。
すべての不安は、輪行バッグが解決してくれました。
一周する間にいろんな事を考えられて
ほんの少しだけ大人になった気がします(笑

琵琶一をダラダラ走っても、レースには何の役にもたちませんので鈴鹿のエースなどとてもとても。
【2008/11/25 18:16】 URL | Frank* #-[ 編集] |
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://derosafrank.blog39.fc2.com/tb.php/199-8e223fbb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。