list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list ROOKIES。

ボクは続けて見るテレビドラマっていうものが
あまりありません。
過去を振り返ると・・・

最近では、キムタク主演の『華麗なる一族』(2007~)
その前は、唐沢寿明主演の『白い巨塔』(2003~)
その前は、山下真司の『スクールウォーズ』(1985~)
その前は、松田優作主演の『探偵物語』(1979~)
その前は、沖雅也(柴田恭兵も出てた)主演の『俺たちは天使だ』(1979~)
その前は、水谷豊主演の『熱中時代』(1978~)
その前は、渡哲也主演の『浮浪雲』(1978~)
その前は、萩原健一主演の『祭ばやしが聞こえる』(1975~)
その前は、石立鉄男主演の『気まぐれ天使』(1976~)
その前は、萩原健一主演の『前略おふくろ様』(1975~)
その前は、萩原健一主演の『木津だらけの天使』じゃない『傷だらけの天使』(1974~)

何となく思い出したのはこんなところです。
懐かしい~。
『スクールウォーズ』から『白い巨塔』まで随分飛びますが
なぜか全く思い出せない。
それに比べて70年代の充実した事・・・。
ボクの青春時代はショーケンが先頭を走っていたようです。
なぜか印象深いのが『祭ばやしが聞こえる』です。
柳ジョージ歌う『祭ばやしが聞こえるのテーマ』

そこにおまえが~baby~♪いるだけで~あ~♪悲しみが~癒さ~れ~る~♪

超~カッコよかった。
『FENCEの向こうのアメリカ』『同じ時代に』『一人 I stand alone』『プリズナー』

毀(こぼ)れ~落ちた~夜を~♪拾い~集めて~♪

な~んてお洒落な歌詞なんだ。
柳ジョージってカッコイイ。(話がそれました)

このドラマって競輪選手の話なんですョ。
競輪を取り上げたドラマってそうそうないですよね。
でもとっても暗かった。それがカッコよかった。
山崎努さんも出てた。渋かった。
また見てみたいです。

最近ちょっとおもしろいなぁって思うドラマがあります。
『ROOKIES』です。
佐藤隆太が主役の先生役です。
ストーリーは、不良少年達が1人の先生に出会い、
野球を通じて立ち直って行くっていうよくあるパターンの話なんですが、
なんだか面白い。
出演の役者さんがいいのかなぁ。
佐藤隆太のピュアな演技。
それとピッチャー役の市原隼人。コイツがなかなかカッコイイ。
こわーい城田優。
ボクは基本的にこんな単純なストーリーが好きなんでしょうね。
『スクールウォーズ』しかり。

あっ、今日ですね。見なくちゃ。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログランキングに参加してますので、
『ロードバイク』バナーをポチッとよろしくです。
【2008/07/05 06:41】 その他 | track back(0) | comment(6) |
comments
list はじめまして。
ショーケンのファンです。はじめまして。

祭ばやし、いいですよね。
あの歌!
じょーじさんの声がたまりませんね。

再放送、DVDの発売を希望しています。
【2008/07/05 15:06】 URL | showken-fun #Fyc9aO.k[ 編集] |
list まさに青春ですね。
showken-funさん
コメントありがとうございます。
『祭ばやし・・・』のショーケンが一番深いです。
きっと、あこがれの山崎努さんと共演してるからじゃないかなぁ。乗でも積でもなく、どちらかといえば負なんですが人間的に深い演技でした。
でも、あまりストーリー覚えてないんです・・・

柳ジョージさんの思い出は、コンサートの時、
1曲目から総立ちになったお客さんに
「どうか座って聞いてください」って
お願いされたことです。
ジョージさんらしい素敵な思い出です。

あっ、showken-funさんならご存じかも・・・
夏目雅子さんと共演されたドラマで、
確か夏目さんがショーケンの奥さん役なんですが、
盗癖のある人妻役で・・・
ストーリーは覚えてないのですが、
危ないというか、危険な雰囲気がいっぱいのドラマでした。
ピーヒャラーって笛のBGMが鳴って、
ショーケンが、四つんばいになった夏目雅子さんのお尻に
顔を押し付けて追い回すシーンが忘れられない。
センセーショナルでした。
なんてドラマだったんだろう・・・
【2008/07/05 15:53】 URL | Frank* #-[ 編集] |
list
テレビは基本的に見ないんですけど、華麗なる一族は北大路欣也と鈴木 京香と山本耕史がよかったかな。白い巨塔はもろにハマりました。もともと唐沢くんが好きなのもあって。
ROOKIESはね、先週なにげなく見てしまって、つまんないドラマだと思いながらウルウルしてしまったんです。スポ根に超~弱いので。スクールウォーズなんて、もちろん感動の涙がダァ~、ダァ~状態です。
あと、泣いたのはDrコトー診療所ですかね。
【2008/07/05 22:23】 URL | まこと #-[ 編集] |
list 先ほど
ROOKIES見ました。
面白かった。
やっぱ市原隼人かっこいい。
彼の目はハマル。

しかし、今日は疲れました。
【2008/07/05 22:34】 URL | Frank* #-[ 編集] |
list また来ました。
思いがけない話が出来て、感激です。

東芝日曜劇場、市川森一さん脚本の、『露玉の首飾り』ですね。
ショーケン演じる木偶師の男は、ちょうど熱狂雷舞の頃だったかで、ロックな顔してて渋かったですね。
最初、夏目さんのお母さんが訪ねてきて、娘がひどい目に合ってるひどい男としてショーケンと対面するんで、その切なさというか。たまらん色気でした。
今も、横浜市立のアーカイブスセンター?で見れますよ。
【2008/07/06 00:51】 URL | showken-fun #Fyc9aO.k[ 編集] |
list さすが!
良くご存知ですね。すっきりしました。
市川森一さん脚本ですか。危なくなるの分かります(笑)。
懐かしくて「傷天」をWEBで調べていたら、昔の話が突然鮮明に蘇りました。
第11話「シンデレラの死に母の歌を」だと思いますが、都会で死んだ娘さんの遺骨を田舎の母に届ける修と亨。この話が一番印象に残っていました。なかなか話を切り出せない亨がおかしくて、悲しい。
「切なさ」が全話にありますよね。
「傷天」のタイトルは全て『○○○に○○○を』でしたね。懐かしい~。
【2008/07/06 06:54】 URL | Frank* #-[ 編集] |
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://derosafrank.blog39.fc2.com/tb.php/63-7ac6dd96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。